So-net無料ブログ作成

ソニー、メモリースティック記録のAVCHDハンディカム登場 [handy cam]

          
                   
ソニーからメモリースティックPRO Duoへ記録する、
初めてのAVCHDビデオカメラ「HDR-CX7」が国内にも登場してきました。

    SONY  HANDYCAM  homepage

基本性能としては、2月に発売したHDR-UX7とほぼ同等。
今までのHDDや8cmDVDに記録するものよりも、メモステDuoが記録媒体
になっているので、当然、本体サイズはコンパクトに仕上がってます。

現時点でハイビジョンビデオカメラとしては、世界最小・最軽量という
いつもの台詞、ソニーの小型化技術の結晶になってますね。

     
                 HD handycam HDR-CX7 sonystyle

続きを読む


VAIO Mediaを使って、PS3のDLNAを設定する [PlayStation]


          
いや~、プレイステーション31.80バージョンアップ
なんか過去最大級の凄い進化を遂げてきましたね。
今日はやや難しい話になります・・ (^^;)

   PLAYSTATION update 情報ページ

大きなものでは、まずはアップスケール出力でしょう。
DVDビデオとか、PS1・2のゲームとか、従来のSD画質で作ってあるもの
HD画質にしてしまうというものです。

つまりブラウン管用のSD解像度のものを、最近の高解像度の液晶TVでみると
当然、TVの性能が勝っちゃって、ソフトはボケボケにしか映らないわけですよね・・
それを今回のバージョンアップで、最初からHD用で作られた映像のようにしてしまう、
情報によると、かなり綺麗になったみたいですね。ブルーレイいらず?
うちはブラウン管しかないので、わからないですが… (^^ゞ

-----------------------------------------------------------------


もうひとつの目玉、DLNAクライアント機能 がつきました。
DLNA(Digital Living Network Alliance)って、メーカー間の垣根を越えて
デジタル家電の相互接続をやりましょうよ!って最近の新しい規格なんですが、
例えば、VAIOのPCの中に入ってる映像や音楽を、家庭内LANを通じて
リビングに置いてある東芝のTVで観たりとか、そういうことですね。
それが今回、PS3でも可能になりました。

自分はVAIOを使っているので、せっかくなので、付属のホームネットワークソフト、
「VAIO Media」を使ってこの機能を試してみました。

続きを読む


超小型の「メモリースティック マイクロ」発表! [MEMORY STICK]

  

ソニーからメモリースティックDuoをさらに小さくした、携帯電話向けの
「メモリースティック マイクロ(M2)」が発表になりました。

    MEMORY STICK SQUARE   homepage

実はこれ、2005年の9/30に発表された、米サン・ディスクと共同で開発された
もので、海外のソニエリ携帯では、すでに昨年から搭載されてます。
今回、auの新機種、ウォークマン携帯W52Sがメモステマイクロに対応したことで、
国内でもやっとお目見えしてきた感じですね。


      メモリースティック マイクロ (M2) sonystyle icon

Duoサイズのアダプターがセットで同梱されて、
1GB「MS-A1GD」 約4000円   512MB「MS-A512D」 約3000円
256MB 「MS-A2565D」 約2500円 という感じになってます。

Duoの他に、オプションで標準サイズのメモステアダプターもありますね。
メモリというのは物理的に、「小は大を兼ねる」ので、より小さいのを買っておけば
使い回しが効くメリットがありますね。小さいほど着ぐるみで何にでも変身できるという・・

続きを読む


VAIO10周年記念モデル typeT 発表! [VAIO]

 
                               VAIO typeT (sonystyle) icon

5/17(木)にVAIOの2007年夏モデルの第二弾!発表、ありました。   
         SONY  VAIO  homepage

97年7月にVAIOが世に発売されてから、今年がちょうど10年なんですね~。
それまでのPCの常識を覆す、オシャレなスリムノートとしてデビューしたVAIOですが
「10周年記念モデル」の目玉として出てきたのが、この新「typeT」になります。

最近のtypeTをベースにしつつも、かつての505やEXTREMEの雰囲気を
取り入れた魅力的なモデルに仕上がった感じがします。
かつて人気のテイストも入れながらの集大成、VAIO娘。誕生10年記念隊といった感じ。


続きを読む


NEW Cyber-shot W200 & 海外で S800 発表 [cyber shot ・α]


                  Cyber-shot DSC-W200 icon (sonystyle)

ソニーのサイバーショットのNEWモデルが発表されました。
1210万画素「DSC-W200」、6月1日発売で約5万円。

この機種、海外では先行発売してたものが、今回、国内にも導入されました。
デジカメ帰国子女といった感じの、Wシリーズのフラッグシップモデルです。

    SONY Cyber-shot W200   homepage

なんか画素数の鬼みたいな、コンデジで1200万画素  というのは
初めてのビックなサイズですね~。4000×3000ピクセルですからね~。

画素数≠画質で、必ずしも画素数が高いのが、高画質とは限らないというのは
デジカメかじった人なら、よくご存知だと思いますが、これだけ高画素のものが
出てくると、画素数信者じゃない人でもかなり魅力かも… (^^ゞ


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


続きを読む


au 「W52S」のスクープ写真!? [Sony Mobile]

au期待の夏モデル、登場が予定されている、
ソニーエリクソン製端末、「W52S」の画像が流出してますね。

ドコモがひと足先に、4月23日に夏商戦のモデルを発表したわけですが
au、ソフトバンク共に5月22日(火)に新機種発表会が予定されてます。
ここで公式な発表がありそうです。


まだ情報の真偽はわからないですが、それっぽいですね。
つい話題にしたくなってしまうもので・・ (^^;)

ソニエリ期待の、W52S・・

続きを読む


ソニーが「家電融合家具」を… [SONY]


 液晶TVを埋め込んだ屏風

SONYが、未来のホームエンターテイメントを提案した家具
最新の技術と斬新なデザインで考案して、ヨーロッパのミラノ国際見本市
でお披露目したみたいですね。

第三のイタリアと呼ばれる、北イタリアの伝統工芸の職人さんと提携して、
伝統的な工芸とソニーのハイテク最新テクノロジーとのコラボレーションですね。

 液晶テレビをガラスの屏風に ソニーが家電融合家具 (IT media News)
  北イタリア・ロンバルディア 匠の技、テクノロジー融合  (FujiSankei Business i)



 プロジェクター内蔵の銀メッキテーブル

続きを読む


懐かしのソニー製品 「武道館」と「ソーラーウォークマン」 [Old SONY]

懐かしのソニー製品を振り返るコーナー♪

題してオールド・ソニー、カテゴリーにして話題にしていきます。

今から20年前、1987年のソニーのカタログの中から・・
この頃は別にソニー好きでもなかったわけですが、パンフはもらってまして・・
将来、こうなるのを予感してたんですかね~。笑

最近のソニーファンが知らないようなディープな
そういう過去の懐かしい商品を振り返っていきます。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

  「武道館」



これは音をからだで感じる、重低音が響く体感ウーファー♪です。
このクッションに背中をくっつけ、ヘッドフォンをして、ズンドコズンドコ
振動して、からだで感じるわけですねっ。

まさに音楽の電気あんま椅子というか、頭も心もリラックスして
武道館LIVEのような、臨場感が味わえそうな感じです。

続きを読む


日産モータースポーツのDVD [blog]

日産モータースポーツオリジナルDVDが先日、届きました。
「Potential for Your Driving  NISSAN MOTORSPORTS」

日産のHPで先着4万名という、早いもの順でタダでもらえるのは嬉ですね♪ 
送料とか大変でしょうが、なかなか日産、太っ腹!
  

昨年も応募してもらっちゃいました。
左が2006年版で、右が今年2007年版。

続きを読む


nice!(23)  コメント(38)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

幻に終わった、任天堂プレイステーションの真実 [PlayStation]

久夛良木さん退任ということで、前の記事繋がりで・・
長い文章なんで、暇なときに、プレステの歴史を知りたい人はどうぞ。(^^;)

ゲーム業界、今やソニーVS任天堂の激しい覇権争いが続いてますが、
過去にはこの両社に様々な歴史がありました。

語り種にもなった「幻の任天堂プレイステーション」の話題を・・

---------------------------------------------------------------------

         
            プレステ誕生の経緯 】

かつてソニーと任天堂が、スーパーファミコン用のCD-ROM機を
共同で開発していたことがありました。しかしそれは幻に・・

83年にファミコンが登場し、ブームになり始めた86年頃に、前SCE会長であった
当時ソニー社員の久夛良木さんが、任天堂に話をもちかけたことから始まります。
次世代ファミコンに当時画期的なCD-ROMの採用を持ちかけたわけです。

その頃、ソニーはCBSソニー(現ソニー・ミュージック)名で、
ファミコンカセットを作って小さい規模ながらゲーム業界に参入してました。
数ある任天堂のサードパーティの中のひとつとして・・


任天堂はカートリッジを支持して、CDには強い拒否反応があったのですが、
ついに90年1月、当時任天堂の山内社長とソニーの大賀社長
CD-ROM採用の次世代ファミコン共同開発に調印して、
任天堂とソニーはスーパーファミコン互換のCD-ROM機を正式に開発すると表明。

私はその頃、全くソニーファンでなかったですが、この発表でCD-ROM機が
出てくるのがすごく待ち遠しかったのを覚えてます。

そして同年(1990年)にはその構想、デザインサンプルが発表。
またこの年の11月に基礎となるスーパーファミコンが発売されました。


  
スーパーファミコンCD-ROM機の想像イラスト ファミ通より)

続きを読む


nice!(41)  コメント(64)  トラックバック(2) 
共通テーマ:ゲーム

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。