So-net無料ブログ作成
Digtal News ブログトップ
前の10件 | -

キヤノン、世界初光学50倍ズーム機、他… [Digtal News]


SX50.jpg
                          Canon  Powar shot SX50HX

各カメラメーカー、何年か前のような、画素数競争から一段落して…
いろいろ面白いデジカメが増えてきました。

キヤノンの今回発表された「PowerShot SX50 HS」はなんと光学50倍!
2年前ブログで「再来年あたりには光学50倍なんてのも、現実味を帯びてきた感じ」
なんて書いたら、まさにその通りになってしまいました。

焦点距離24-1200mm という、こんなコンパクトボディーで撮れちゃうのは
凄いことですね~。超解像みたいなのを使うと、光学100倍相当とか…

センサーサイズが1/2.3型で、F値も3.4-6.5と暗め、画質はまあそれなりで
しょうが、この1200mmの望遠はやはり惹かれます、魅力的! 

テレ側なんかいくら補正があっても、手持ちじゃブレブレでしょうが
もうそんなのどうでもいって感じです。(笑) それだけの魅力がある!
50倍という、ひとつの壁を越えた、まさにパワーショットといった感じ。


続きを読む


nice!(12)  コメント(2) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

BSデジタル放送のチャンネル増 [Digtal News]


 BS.JPG

2000年から放送開始された、BSデジタル放送 [TV]

昨年、BSアナログの停波、周波数再編があって、第一弾として10月に
チャンネルが増えて、また今月新たに7チャンネルが追加、昨日から
「Dlife」258chの放送が始まって、合計31チャンネルになりました。
といっても、CSからの移籍組がほとんどですね…
通信用(CS)の衛星から、本来の居場所に戻ったともいえますね…
これでひとまず完成、しばらくはこの体制で続いていくでしょう…

発表では、視聴可能な世帯が72.3%(2011年12月時点)のようです。
だいたい4軒に3軒は、BSが観れる、正確には観れる機器を所有してる、
ということになりましょうか…
わざわざBS/CSアンテナ付けてなかったり、実際に観てる人は
2軒に1軒ぐらいなのかなぁ…

続きを読む


nice!(32)  コメント(18) 
共通テーマ:テレビ

キヤノン、世界初 光学35倍ズームカメラが登場 [Digtal News]


002.jpg

気になるデジカメのお話を… さすがにもう私は買えませんが… ^^;

キヤノンから、なんと光学35倍!ズームレンズ搭載のデジカメが![カメラ]
フジの30倍を上回る、さらに35倍ズームは世界初!

ムササビのような、なんか凧揚げのカイトみたいな、なで肩スタイルが
ハイエンドのEOS1Dみたいで、なかなか個性的でカッコいいです。

「PowerShot SX30 IS」    【 Canon SX30IS  homepage 】
広角24mm~望遠840mm。F2.7~F5.8 1410万画素 1/2.3CCD 
ISO80~1600 価格は約5.5万円。


一眼レフカメラがお手頃になったご時勢、ちょっとこの手の高倍率ズーム機
があまり注目されなくなってしまいましたが…

実は私がH1買う前に、このシリーズの初代機 「PowerShot S1IS」を使ってまして…
思い入れのあるカメラなんです…


続きを読む


モバHO! 終了HO! [Digtal News]


DSC03097.jpg 
                     放送開始当初にもらったパンフレット

「モバHO!」 モバイル放送が2009年3月末をもって終了するそうです。
当時ワンセグもなかったし、ITの展示会などでこれをみて、凄いなぁ~と
思ってたんですが…

モバHO!って何?って知らない人も多いかと思いますが
簡単にいえば、ワンセグの衛星放送版 みたいな感じですね。

東経144度に浮かぶ衛星から電波が空から降ってきて、[雷]
それを専用モバイル端末で受信するシステム。
月額基本料があって、それプラス有料チャンネルって形ですね。

    【 モバHO!  homepage 】

基本的に国から下りてる免許が音声放送なので、映像は簡易動画という位置づけ、
デジタルラジオに映像も少しあるぞって感じのものになってしまったんですよね…

mbr0501a.jpg
              ポータブル衛星放送受信機 MBR0501A

続きを読む


nice!(29)  コメント(43)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

似てますね。 (>_<) [Digtal News]


エグゼモード㈱ が800万画素デジカメ 「DC803」を発表。
記録メディアは SDHC/SDカード、価格は約13000円。 8/1発売。[カメラ]

  【 エグゼモード、実売13000円の800万画素デジカメ impress watch 】

世界には自分と同じ顔の人が3人いると言われてます。
商品の世界にも、似たような物はゴマンとあるわけですが…

どっかで見たことあるような… →参照記事

 っていうか、ここまで似せちゃって 大丈夫なんですかね? (^^;)


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

exemode1_01l.jpg 「DC803」

続きを読む


祝♪ インプレスTV が復活! [Digtal News]


1.jpg
                   impress Watch Video

今年3月の番組終了宣言から、早3ヶ月…
  【 インプレスTV、終了ですか… 2008/03/18記事 】

「impress TV」 → 「impress watch Video」になって
ネット老舗の人気長寿番組が帰ってきました~[ぴかぴか(新しい)] (^o^)/ 

惜しまれつつも終了。 が、しかし突然の復活で、
ネット界のクルム伊達公子状態だ~。やっぱこの番組がないと…

続きを読む


「アイワ」 が生産終了、歴史に幕 [Digtal News]

 aiwa1.jpg
オーディオ機器メーカーで誰もが知っている 「AIWA」 [TV]
古くからソニーと資本関係にあって、業績不振もあって親会社のソニーが
2002年に吸収する形で完全子会社化。
ソニーの1ブランドとして”アイワ”ブランドが残っていたわけですが
このたび、完全に消滅することになったそうで…

   「アイワ」終了 ソニー、製品出荷を完了 ( ITmedia News ) 】

gold.jpg es256.jpg
  ◆ ロゴも一新、ソニー時代の新生アイワ製品。

続きを読む


nice!(41)  コメント(64)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

「アナログ放送終わります」 常時テレビ画面に・・ [Digtal News]


 1_tv.jpg


ご存知の通り、アナログ波のテレビ放送が2011年7月24日をもって終了、
デジタル放送へ完全移行するわけですが、3年前となる今夏の7/24から
テレビの画面に「アナログ」と、文字スーパーが常時表示されるようです。[TV]

  【 "アナログ放送終わります"テレビ画面に常時字幕へ asahi.com 】

地デジ受信機の世帯普及率がまだ28%程しか普及していないらしく
アナログ停波をより認知してもらうことが目的だとか…

「アナログ」の表示以外にも、一定時間をおいて画面の下に
「アナログ放送は2011年7月24日で終了します」というスーパーも入れて
2段構えの徹底ぶりみたいですね…

 TKY200804170293.jpg (テレビ画面のイメージイラスト)

続きを読む


nice!(35)  コメント(56)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

インプレスTV、終了ですか… [Digtal News]


impressTVend.jpg

動画サイトでいつも楽しみにしていた、インプレスTVが終了ですって…

主にデジタル製品を中心に扱った、ストリーミングの情報番組で
数々の人気コンテンツ、7年半もの歴史があったのですが、、、
ちょっとビックリ、寝耳に水、急遽終了が決まったようですね…

  impressTV  Headline

なんか年度末だからか最近、撤退とか終了とか寂しい話題が多いですねぇ。。
これも無料放送が主だったからか、採算が合わなかったんですかねぇ。[もうやだ~(悲しい顔)]

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


3.jpg  
                            

続きを読む


三菱、携帯からの撤退。 歴代モデルを振り返る… [Digtal News]

「D905i」「D705i」「D705iμ.jpg
          最後のモデルとなった、左からD905i、D705i、D705iμ

春はお別れの季節… NTTがまだ電電公社だった1983年に自動車電話を提供して
以来、ずっと携帯電話端末を提供し続けてきた老舗の三菱電機が撤退ですね。

     三菱電機  携帯電話 homepage

親しまれてきた、愛称「D」。 三菱のダイヤモンドのDから取った呼称ですが
近年はそのダイヤの輝きもくすんでしまったか・・
ま、結局は端末を出しても、商売にならないってことで撤退ですけど、
今や1台の端末を作るのに、噂では数十億の開発費がかかるそうです。

背景にあるのは、昨年末から料金体系が変わって、端末が高価になって買い替えペースが
落ちてきていること、これはDのような個性派にとっては不利に働いたのかなと。
ユーザーは2~3年使おうと思えば、オーソドックスな端末に集中しますから…
その中でキャリアからの要求で製品サイクルは短く、高機能端末でコストは上昇するわ…
これでは続かなくなっていくのも無理なかったのでしょう…

ましてや国内市場が頭打ちになってきて、飽和状態は明確です。
今後も他のメーカーにとっても他人事ではないというか、
これからも他に何社か撤退するメーカーは出てくると思いますね。

これからは世界を相手にビジネスしないと生き残れない時代になってきてるし
その為には日本もメーカー主導体制に移行し、自由に作れる環境、自由なペースに
してしていかなければ、日本のメーカー皆、共倒れという事態になり兼ねません。


それでは、さようならD! 歴代の主要モデルを振り返ってみたいと思います。


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

続きを読む


nice!(31)  コメント(40)  トラックバック(1) 
共通テーマ:ニュース
前の10件 | - Digtal News ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。